News

2012年12月12日(水) 横浜みなとみらいホールで“女神たちの愛のうた”が開催されます。

横浜みなとみらいホールで“女神たちの愛のうた”が開催されます。

今まで全国各地で行われてきた千住真理子・長谷川陽子・仲道郁代による“女神たちの愛のうた”ですが、いよいよ4月13日には横浜でも実現されます。

 

“3人のミューズ、名曲とおしゃべりと・・・心ゆくまで楽しむ夢の時間”をどうぞ。

 

65歳以上10%offのシニア割引もあります。



2012年12月04日(火) 吉松隆還暦コンサート ≪鳥の響展≫

3月20日(水祝)に東京オペラシティで開催される吉松隆還暦コンサートをご覧ください。

異端にして自由、繊細にして豪快、天翔ること鳥のごとし
幻のデビュー作から大河ドラマ「平清盛」まで作曲家:吉松隆60年の集大成にお出かけください。


2012年12月04日(火) 栃木の下野新聞には7日のプロムナードコンサートの記事が・・・。

12月1日付けで、「下野新聞(芸能面)」に7日に宇都宮市文化会館で行われるチェロ四重奏のインタビューが掲載されています。

チェロは音域が広いために同じ楽器同士でアンサンブルができる楽器。

「チェロ独特の温かい音色を聴いて」とのこと。


魅力的な曲目も「Schedule」に発表されていますのでご覧ください。


2012年12月03日(月) 朝日中学生ウィークリーに 「パートナーと奏でる25年の感謝」

11月18日の朝日中学生ウィークリー新聞11頁の「エンジョイ Music欄」に、「パートナーと奏でる25年の感謝」としてインタビューが掲載されました。

「コンサートは演奏だけでなく総合的に楽しんでもらい、心に何か、より多くのものを持って帰ってもらえれば」と、抱負を語っています。


2012年11月27日(火) 「ぶらあぼ」12月号 「四半世紀の軌跡を糧に、さらなる飛翔へ」掲載されました。

「ぶらあぼ」12月号 60頁をご覧ください。12月22日「チェロの個展」について柴田克彦氏の文が「ぴっくあっぷ」に載っています。

「25年間チェロの“ソリスト”であり続けるのは容易でない。レパートリーとステージが案外限られるため、多くの奏者が指揮、オーケストラ、教授などに軸足を移す。しかし今や日本の代表格の一人である長谷川陽子は……(中略)……長谷川陽子の軌跡及びチェロの醍醐味が詰まったリサイタルを聴いて我々も気持ちを充実させ、1年を佳き思いで締めくくろう。」

 

合わせて2月9日第一生命ホールの無伴奏リサイタル【こだわりの無伴奏プログラム】のインタビューもご覧ください。


2012年11月21日(水) CD「長谷川陽子/シャコンヌ」がリリースされました。

CD「長谷川陽子/シャコンヌ」がリリースされました。

11月21日に“デビュー25周年記念”として新CD【長谷川陽子/シャコンヌ】がリリースとなりました。

Album】をご覧ください。

詳細は【こちら】からもご覧いただけます。



2012年11月18日(日) 「音楽の友」誌と「音楽現代」誌の12月号にインタビュー記事

本日発売の「音楽の友」誌(127頁)と「音楽現代」誌(102/103頁)をご覧ください。

あさって発売のアルバム「長谷川陽子/シャコンヌ」と、12月22日(土)東京文化会館で行われる

「デビュー25周年記念チェロの個展2012」についてのインタビュー記事が掲載されました。


2012年11月11日(日) 「ひまわり広場 in 関西」の様子をアップしました。

10月28日、大阪「ブザンソン」で行われた、「第17回ひまわり広場 in 関西」の様子をご覧いただけるようになりました。【こちら】からご覧ください。


2012年11月08日(木) 松江で行われる長谷川陽子リサイタルをアップしました。

第27回松江プラバ音楽祭の一環として行われるリサイタルを掲載しました。

ハープ・ピアノは朝川朋之氏。


2012年11月01日(木) ファンクラブ “ひまわり” のFacebookページができました。

ファンクラブ “ひまわり” のFacebookページができました。Facebookのアカウントをお持ちの方は「長谷川陽子」で検索してみてください。
皆さんからのたくさんの「いいね!」をお待ちしております。